トマトの育て方

【必見】トマトを甘く育てる方法!家庭菜園でもできる!

家庭菜園で、スーパーに並ぶトマトよりも、甘くておいしいトマトを育ててみたいと思いませんか?

家庭菜園でも、甘くておいしいトマトを育てることは可能なのです。

トマトを甘く育てるためには、「水・日光・摘果・肥料」の4つの管理が重要になります。

本記事では、それぞれの管理方法について詳しく掘り下げていきますね。

【記事の内容】
  • トマトを甘く育てる方法
  • 甘いトマトの特徴
【記事の信頼性】
  • 全国有数のトマトの大産地で、収量成績が上位10%に入るトマト農家です
  • 我が家のトマトは、おすそ分けした人から大人気です

トマトを甘く育てるには水管理が重要

トマトが甘く育つには、いくつかの条件があります。

その中でも、水管理はトマトを甘く育てるために必須の項目です。

トマトを甘く育てたいのであれば、まずは与える水の量の管理を徹底してみましょう。

トマトは水の量が少ないと甘くなる

トマトを甘く育てるには水管理が重要と前述しましたが、具体的には、水の量を減らすと甘く育ちます。

今まで甘いトマトが育てられなかったのならば、以前より少なめの水で育ててみてください。

水を絞って甘くなったトマトはお尻にスターマーク

水を上手く絞れて甘く育ったトマトは、お尻に放射状の白い筋が現れます。

この白い筋は「スターマーク」といい、水の通り道が枯れた跡なのです。

水の通り道が枯れているということは、水の量を減らせている証拠というわけです。

水の絞りすぎはNG

水を減らすことで甘いトマトを育てられますが、絞りすぎて生育に支障が出てしまったら元も子もありません。

水を減らしてトマトを甘く育てるには、生育に支障が出ない水の量を見極める必要があります。

初めは難しいかもしれませんが、トマトの観察を続けていくことで、上手く水の管理ができるようになっていくでしょう。

甘いトマトを育てるなら雨よけハウスが必須

トマトを甘く育てるには水を減らすことが重要と前述しました。

水を絞って育てるには、雨が当たらないようにする必要があるので、雨よけハウスが必須になります。

雨よけハウスといっても、家庭菜園でも簡単に建てられる簡易的なものもあるので、そこまで敷居の高いものではありません。

また、プランターで育てれば、雨の当たらない屋根の下や室内で育てることも可能になりますよ。

プランターでトマトを育てるには、下記の記事を読むことをおすすめします。

プランターでのトマトの育て方【誰でも必ず栽培できる1からの解説】

あなたはプランターでトマトやミニトマトを育ててみたくてこのページに来たのではないでしょうか? だとしたら、トマト農家の私が書いたこの記事を読めば、プランターでのトマトの育て方はバッチリです。 トマトを ...

続きを見る

日当たりの良い場所で育てて甘さアップ

トマトを甘く育てるには、水を絞る以外にも様々なポイントがあります。

1つは、日当たりの良い場所で育てて、光合成を促進させることです。

日当たりが良ければ良いほど光合成が盛んに行われ、作られる栄養が多くなり、果実にも多くの栄養が行き渡ります。

たっぷり日に当てて育てたトマトは、栄養だけでなく甘さもしっかりと蓄えていて、味が濃くなるのです。

摘果をして1つ1つのトマトを大きく甘く

甘いトマトを育てるには、無駄な果実を減らす「摘果」の作業をする必要があります。

摘果をして果実を減らすと、1果実あたりの行き渡る栄養量が増え、大きくて甘いトマトになるのです。

特に、大玉トマトでは摘果の効果が高く、トマト農家は必ず摘果を行なっています。

摘果の詳しい効果や作業方法については、下記の記事にまとめられているので、摘果の作業をする前に読んでみてください。

トマトの摘果方法!実を減らした方がたくさん収穫できる!?

トマトをわざわざ取ってしまう『摘果』は、なぜすると思いますか? 取らない方がたくさん収穫できるのに、と思うかもしれませんが、実は摘果をした方がたくさん収穫できます。 トマトを上手に育てるためには摘果が ...

続きを見る

トマトを甘く育てるには肥料不足にも注意

「トマトは肥料を減らすと甘くなる」とよく言われるのですが、半分本当で半分違います。

たしかに、肥料を与えすぎるとトマトに限らず、野菜の味は落ちてしまうものです。

しかし、トマトは肥料を全く与えないと、上手く育たないだけでなく、栄養が足らずに甘さを作り出すこともできなくなってしまいます。

肥料の与えすぎでは甘いトマトは育てられませんが、肥料が不足しても甘いトマトにはならないので、肥料は与えすぎず不足させないことが重要です。

トマトは赤くなれば甘いわけではない

ここまでトマトを甘く育てる方法について紹介してきましたが、トマトの赤さも甘さに必要だと思っていませんか?

トマトは赤ければ赤いほど甘いと思われることも多いですが、「赤い=甘い」ではないんです。

トマトの甘さは、まだ真っ青の色が付き始めた頃に決まり、青さが残るピンク色になったときには、すでに甘さがほぼ完全に乗っています。

それ以上赤くなると酸度が落ちるだけで、甘さは変わらず、熟しすぎて美味しく食べられる時期を逃してしまうこともあります。

自分の育てたトマトが「赤いのに甘くない」というときは、収穫する色ではなく、育て方に問題があると考えてみましょう。

甘いトマトは皮が硬くなる

前述してきた方法でトマトは甘く育てることができますが、甘いトマトは皮が硬くなって、実が小さくなります。

トマトを甘く育てるには、記事の前半で述べたように、水を絞るのが重要なので、水分が少なくてぎゅっと締まった実になるのです。

小さくて皮が硬いトマトは、たとえ甘くても人によっては食べにくいと感じることもあるはずです。

できるだけ甘くて皮が柔らかいトマトを育てたいのであれば、水を絞らず、それ以外の甘く育てる方法を実践してみると良いでしょう。

トマトの皮を柔らかく育てる具体的な方法については、下記の記事でまとめられているので読んでみてください。

家庭菜園で育てたトマトの皮が硬い原因【柔らかくする方法も解説】

家庭菜園で育てたトマトの皮が硬いのは、よくあることです。 スーパーに並んでいる、農家が作ったトマトとは違いがあります。 この記事を読めば、トマトの皮が硬くなってしまう原因と、柔らかく育てる方法を知るこ ...

続きを見る

まとめ【家庭菜園でも甘いトマトは育てられる】

トマトを甘く育てるには、一番に水を絞って減らすことが重要になります。

その他にも、日当たりの良いところで育てたり、摘果をしたり、肥料を適度に与えたりすることで、さらに甘いトマトに育ちやすくなるでしょう。

しかし、水を絞って育てたトマトは皮が硬くなりやすく、硬いトマトが苦手な方は食べにくかもしれません。

甘くて柔らかいトマトを育てるのは非常に難しいですが、水を絞らずに、できるだけ他の甘く育てる方法を実践することで、ある程度甘くて柔らかいトマトを育てることは可能です。

硬くてもいいからとにかく甘いトマトを育てたいのなら水を絞って、家庭菜園でも甘さの乗った美味しいトマトを育ててみてください。

【関連記事】
トマトの皮を柔らかく育てる方法
美味しいトマトの見分け方

 

-トマトの育て方

Copyright© もこっとおにぎり🍙 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.