トマトの育て方

【トマト栽培の必需品】トマトトーンの使い方と注意点!

トマトを栽培していると、ネットの情報やホームセンターで「トマトトーン」というものを聞いたり見かけたりすると思います。

このトマトトーンはどのようなものなのか使い方がわからない、といった方に向けてこの記事を書きました。

この記事では、次のことが書かれています。

  • このトマトトーンとは何か?
  • どんな効果があるのか?
  • 使い方と注意点
  • トマトトーンを使うメリットとデメリット

トマト栽培には重要なトマトトーンについて、トマト農家の私が初心者にも分かりやすく解説していきます!

トマトトーンとは?

トマトトーンとは、液体状の植物成長調整剤と呼ばれるホルモン剤の一種です。

トマトの花にスプレーなどでかけることによって、果実を実らせる効果があります。この作業をホルモン処理と呼びます。

トマトは1段目は確実に着果させる必要があるので、そんな時にはトマトトーンが活躍します。

私たちトマト農家には必需品であり、いつもお世話になっている商品なのです。

このトマトトーンは、ホームセンターやネットでも簡単に購入できるので、家庭菜園にもおすすめです。

トマトトーンは農薬?

トマトトーンはトマトの花にかけることによって、高い確率で着果(実を付ける)ことができます

このトマトトーンは農薬に入るのか?かけても安全なのか?

使用する以前に、こんな心配をされる方もいるかと思います。

実はこのトマトトーン、農薬に含まれます

しかし殺虫剤などではなくホルモン剤なので、正しく使えばトマトにも人体にも害はないので安全です。

トマトトーンの使い方

ここからはトマトトーンの使い方について解説していきます。まずは、使用する前の準備をしていきましょう。

使用する前の準備

トマトトーンは原液を薄めて使用するものと、スプレー状のものがあります。

自分に合ったタイプのものを購入しましょう。

スプレータイプ

スプレータイプのトマトトーンは、水で薄める必要が無く、購入後そのまますぐに使うことができます

薄める倍率も間違える心配がないので、初めての使用で不安な方はこのスプレータイプを購入すると間違いありません。

すぐに使えるスプレータイプです。水で薄める必要がなく、簡単で失敗する心配もありません。

原液タイプ

原液で購入した場合は、自分で空のスプレーボトルなどに入れて水で薄める必要があります

薄める倍率は記載されていますが、間違えてしまうと実が付かなかったり、変形した果実になったりします。

スプレータイプのものより量が多く作れてコスパが良いので、トマトの本数が多かったり、慣れてきた人はこちらのほうがお得です。

原液が入っているので、水で薄める必要があります。記載されている倍率をよく確認して使用しましょう。

トマトトーンの使い方(ホルモン処理方法)

トマトトーンをかける作業のことをホルモン処理と言いますが、このホルモン処理は正しくしないと効果が発揮されません。

ホルモン処理をするタイミングは、上の写真のように1段分の花が3花咲いた状態がベストです。

咲いていない花には着果促進効果がないので、咲いている数が少ないと1果や2果しか付かなかったり、全て咲くのを待っていると先に咲いた花が落ちたりしてしまいす。

この状態になったら、霧吹きなどのスプレーでトマトトーンを2プッシュかけるだけでホルモン処理は完了です。

トマトトーンを使ったホルモン処理の注意点

簡単にできてしまうホルモン処理ですが、注意しなければならないこともいくつかあります。

ホルモン処理をする際の注意点を、4つに分けて解説します。

希釈倍率を守る

ホルモン処理の効果を高めるために最も重要な注意点は、希釈倍率を守ることです。希釈倍率とは、水で薄める倍率のことです。

既に希釈されているスプレータイプを購入した場合は心配ありませんが、原液を薄める時は、気温によって倍率を変えるように記載されています。

  • 20度以上 ➡ 100倍  例:トマトトーン20cc + 水2000cc
  • 20度以下 ➡  50倍  例:トマトトーン20cc + 水1000cc

倍率が低く、濃度が濃いほど着果促進効果が高く、実の付きが良くなりますが、空洞果と呼ばれる形の悪いトマトになりやすくなります。

初めての使用で心配であれば、気温に関係なく100倍での使用でも問題ないかと思います。

一度やってみて、数日たっても着果が確認できなかったら、低い倍率で試してみると良いのではないでしょうか。

生長点にかけない

2つ目の注意点は、トマトの花以外にはかけないことです。

トマトの樹の一番てっぺんの部分、これから成長していく部分を、生長点と呼びます。

この生長点など、まだ茎や葉が柔らかいところにトマトトーンがかかると、薬害で奇形になることがあります

花以外の部分にはかけないように、スプレーを持っている反対の手で花を覆って飛び散らないようにしましょう。

時間帯

3つ目の注意点は、着果効果の高い時間帯にかけることです。

トマトの花は、夕方頃からしぼんできます

この時間帯になると、ホルモン処理をしても上手く着果しないことがあるので、日が暮れかけている時は避けた方が良いです。

基本的に温度が高い時の方が効果が高くなりますが、暑すぎるのも問題です。

真夏の35度もあるような時期では着果しないこともあるので、真夏は午前中の温度がまだ低い時間帯に行うのが良いでしょう。

かける回数は1度だけ

4つ目の注意点は、1度かけた花には2度目をかけないことです。

2度目をかけなくて良いために3花咲いた花を選んでかけるので、そもそも2度目をかける必要はないはずです。

2度がけしてしまうと、奇形果になることがあります

もし3花咲いたときにかけたのに3花とも枯れておちてしまったといった場合であれば、同じ花房の後から咲いた花にかけてもOKです。

トマトトーンを使うメリットとデメリット

トマトトーンの使用は良い事ばかりではありません。

使わない方が良いこともあるので、メリットとデメリットについて確認しておきましょう。

メリット

無処理よりも着果率が高くなる

当たり前のことですが、ホルモン処理をするのとしないのとでは着果率が変わってきます

トマトは花粉で受粉して果実を付けますが、35度を超えると花粉が出なくなってしまうので自然着果が難しくなります。

そんな時は花粉の量に関係なく着果させることができる、トマトトーンが大活躍するでしょう。

果実が大きくなりやすい

自然受粉で着果したトマトより、ホルモン処理によって着果したトマトのほうが大きく肥大しやすいです。

低倍率の濃い濃度でかけた方が肥大効果が高くなります。

着色が早くなる

ホルモン処理をすると、少しだけですが早く赤くなり、収穫までの日数が短くなります

早くなると言っても、ほんの数日なのであまり変化は感じられないこともあります。

気温の低い時期は赤くなるのも遅いので、気休め程度に使ってみるのもいいかもしれませんね。

デメリット

空洞果が発生しやすい

メリットがある一方、空洞果が発生しやすくなるデメリットもあります。

空洞果は文字の通り、果実の中が空洞になって形が悪くなる生理障害果のことです。

気温に合わせて希釈倍率を変えることで空洞果の発生を減らすことができますが、花粉で自然着果した果実よりは発生しやすいです。

まとめ

トマトトーンはトマト栽培に役立つ便利アイテムです。

トマトは果実が実らなければ意味がありません。

着果率が悪く感じたり、1段目を絶対に着果させたい時には、心強い味方になってくれるでしょう。

希釈倍率を守り、注意点を頭に入れておけば、より多くのトマトを収穫できるようになります。

-トマトの育て方

Copyright© もこっとおにぎり🍙 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.