トマトの育て方

トマトトーンの失敗による症状とやりがちなミス【対処法も解説!】

トマトトーンをかけたらトマトの様子がおかしくなりました。
失敗したかもしれません。どうしたらいいのでしょうか?

といったトマト栽培の悩みを解決していきます。

トマトトーンの失敗は家庭菜園でよくあることですが、何が原因で失敗してしまうのかわからない人も多いはずです。

本記事では、トマトトーンの失敗例と失敗した時の症状を明らかにし、その後の対処法を解説していきますね。

トマトトーンのよくある失敗例

トマトトーンには使用する際に注意しなければならないポイントがいくつかあります。

下記の記事にその注意点がまとめられているので先に読んでおくと良いでしょう。

トマトトーンの正しい使い方と注意点【使いこなせば収穫量増加!】

トマトの実を確実につけるためにはトマトトーンの使用が一番効果的であり、トマト農家でも重宝されています。 ただし、トマトトーンは正しい使い方で散布しなければ、効果が出ないどころかトマトに害を与えてしまう ...

続きを見る

トマトトーンの失敗は注意点を知らずにやってしまったという場合がほとんどなのです。

具体的なよくある失敗例は下記の通りです。

よくある失敗例

  • 花にかかっていない
  • 生長点や幼葉にかけてしまった
  • 水で薄める時に濃度を間違えた
  • 同じ花に二度がけしてしまった
  • 使用期限が切れたものをつかった

もし上記のような失敗をしてしまうと、トマトトーンの効果が出なかったり、何かしらの悪影響があったりします。

トマトトーンの使用で失敗するとどんなことが起きるのか次の章で解説していきますね。

トマトトーンの失敗によって出る症状

 

トマトトーンの散布を失敗するとどんな症状が出るのか、3つの症状を失敗例と照らし合わせながら一つずつ解説していきます。

着果しない

トマトトーンを花にしっかりとかけていなかったり、濃度が薄すぎたり、使用期限が切れたものを使ったりすると、効果が発揮されず実がならないことがあります。

トマトトーンは散布してから3日ほど経つと花が少し膨らんできて着果が確認できるようになります。

数日経っても着果が確認できず、落花してしまっていたらトマトトーン処理を失敗しているかもしれません。

葉っぱが縮れる

トマトトーンを花以外のまだ小さな葉っぱや茎などにかけてしまうと、かけた部分が上記画像のように変形してしまうことがあります。

また、トマトトーンの濃度が濃すぎるとこのような症状になりやすいです。

一見病気のようにみえるかもしれませんが、一部の葉っぱのみが縮れたように変形していた場合はトマトトーンの失敗による症状です。

成長が止まる

葉っぱが縮れるだけなら成長にはあまり影響はありませんが、生長点にかけると生育が止まってしまうこともあります。

上部の葉や茎が全体的に変形して成長していないと感じたら、トマトトーンを生長点にかけたことによる影響かもしれません。

トマトトーンの使用を失敗してしまったときの対処法

もしトマトトーンの失敗によって上記のような症状が出てしまった場合でも安心してください。

次から解説するような正しい対処ができれば、トマトをまた健康な状態に戻すことができます。

実がならなくても同じ花には二度掛けしない

トマトトーンは花に吹きかけてから3日程経つとほんの少し膨らみが出てきて着果を確認できるようになります。

もし数日経っても実がならなかったとしても、二度目のトマトトーンは散布せず、次に咲いてくる新しい花に散布しましょう。

トマトトーンの失敗ではなく、トマトの生理現象で実をつけられなかった可能性もあるので、無理に着果させるのは得策ではありません。

葉や茎が変形してしまったら正常な脇芽を残しておく

もしトマトトーンが花以外の場所にかかって葉っぱや茎が変形してしまった場合は、症状が出ていない場所の正常な脇芽を1本残しておきます。

トマトトーンの失敗によって主枝の成長が止まってしまったとしても、正常な脇芽は問題なく成長していくからです。

主枝の成長が止まることなく進んでいることが確認できたら、保険をかけて伸ばしていた脇芽を取り除いてあげましょう。

すぐに切ったり抜いたりせず様子を見る

トマトトーンの散布を失敗してしまったとしても、必ずトマトの成長が止まって枯れてしまうというわけではありません。

また、病気とも違うので他の株に移ってしまうこともないので安心してください。

トマトトーンの失敗が原因で様子がおかしくなってしまった株があっても、まず処分をせず前述した対処をしながら様子を見てみましょう。

トマトトーンの失敗をしないためには

ここまでの内容で、できるだけトマトトーンの失敗はしたくないと思ったのではないでしょう。

当たり前のことになってしまいますが、トマトトーンの散布で失敗しない方法は、正しい使い方を守ることです。

失敗しまうという人は、正しい使い方を知らなかったり、自己流の使い方をしていたりする場合がほとんどなんですよね。

トマトトーンは確かな効果がある薬品なので、正しい使い方さえ守っていれば、失敗してトマトに悪影響があるなんてことはなくなるでしょう。

トマトトーンの正しい使い方と注意点【使いこなせば収穫量増加!】

トマトの実を確実につけるためにはトマトトーンの使用が一番効果的であり、トマト農家でも重宝されています。 ただし、トマトトーンは正しい使い方で散布しなければ、効果が出ないどころかトマトに害を与えてしまう ...

続きを見る

失敗が心配な人はトマトトーンを使わず人工授粉でもOK

トマトトーンは正しく使えば失敗を避けられると理解していただけたかと思いますが

やっぱりトマトトーンは失敗が心配!

という方もいるはずです。

トマトトーンの失敗が心配でできれば使いたくないという方は、人工授粉で着果させる方法をおすすめします。

トマトが実をつけるための受粉を少し助けてあげるだけなので、トマトトーンのように失敗したときのリスクもありません。

トマトトーンを使うよりも少し面倒にはなりますが、失敗したくない方は下記の記事を参考にしながら人工授粉をしてみてくださいね。

トマトの受粉の仕組みと人工授粉で実をつける方法!

植物は受粉によって種や果実を作って子孫を残していきます。 家庭菜園で人気野菜「トマト」はどのように受粉して果実を実らせているか知っていますか? トマトの受粉の仕組みを理解することで、よりたくさんの実を ...

続きを見る

まとめ【トマトトーンは失敗しても対処できれば大丈夫!】

トマトトーンを使ってみたものの、失敗してしまいどうしようもなく不安になっている方もいるかもしれません。

でも大丈夫です!トマトトーンの失敗くらい後の対処でなんとかなります!

前述したように、脇芽を伸ばせば成長は止まることはありませんし、失敗したおかげで正しい使い方を調べるきっかけになったと思いましょう。

まだトマトトーンの失敗をしていない方は、トマトトーンの正しい使い方を守れていると思いますが、もしもの時は本記事の内容を役立ててくださいね。

また、本ブログでは他にもトマトトーンに関する記事を執筆しているので、続けて読んでさらに理解を深めてみてはいかがでしょうか。

-トマトの育て方

Copyright© もこっとおにぎり🍙 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.