野菜の豆知識

農薬や化学肥料を使わない有機野菜が「安全で美味しい」は本当か。

有機栽培というものをご存じでしょうか?

農家の私が思う有機栽培と、消費者のイメージとでは違いがあるように感じています。

消費者ではなく、生産者側が思う「有機栽培」についてお話しようかと思います。

有機栽培とは

農薬や化学肥料を使わず野菜を栽培することで、近い意味合いとして「オーガニック」という言葉が最近広まりつつあります。

オーガニック食品を求める消費者が増えてきたことで、食材だけではなくオーガニック食品を使用した料理を提供する飲食店も増えてきたように思います。

ドラマ「あなたの番です」でも、オーガニックに詳しい小野ちゃんが登場しました。

有機栽培では化学肥料を使えないので、家畜の糞や米ぬかなどの有機物を肥料分として栽培しています。

有機物とは

「有機物」というのは、簡単に言えば動物や植物などの自然の中にある物のことです。

家畜の糞や米ぬかなどもこれに当たります。

自然の物を使って栽培された「有機野菜」は、安全面での高い評価を得ています。

 

有機野菜のイメージ

この方法で栽培された「有機野菜」は体に害のある農薬や肥料を使っていないということで【安心、安全】というイメージがあり、価格は高くなるものの一部の人からは注目されているようです。

実際に行われたアンケート調査では、安心・安全といったイメージに加え、品質が良い、環境に優しい、などといった回答が多く得られています。

品質が良いということは、形など見た目が良く、味も良いということですね。

 

有機野菜じゃないといけないのだろうか

ここまで聞くと、「やっぱ有機野菜って安全だし美味しいんじゃん!」と思うはずです。

きっと有機野菜は安全なはずです。

しかし、有機野菜ではないと安全ではないのでしょうか?

現在使われている農薬

昔は確かに確実に全ての虫を殺したり、病気にも耐性が付かないような強い農薬が使われていました。

しかし今日は、目的の病害虫にのみ効き目がある、人体には害の薄い農薬が使われています。

さらに、作物ごとに細かく登録がわけられていて、登録のない作物には使ってはいけないとされています。

例えば、ほうれん草には登録があるけどトマトには登録がない農薬をほんの少しかけたとしましょう。
すると、ほんの少ししか含まれていないのにも関わらず、必ず検出されます

今の日本では、残留農薬で絶対に人体には害が出ないように注意が払われています。

農薬面では通常の栽培方法でも安全だと言い切れます。

化学肥料の使用

では、化学肥料はどうでしょうか。

結論から申し上げますと、化学肥料による人体への影響は全くありません
そして、有機肥料よりも味が悪くなることもありません。

肥料が野菜の一部になっているわけではありません。

あくまで植物の成長を助けるためのものです。

私たちが口にするものに化学肥料が直接含まれるわけではないのです。

つまり、化学肥料の使用も安全だと言い切れます。

有機肥料による障害

実は、有機肥料を入れたことによって作物の出来が悪くなったり、味に影響が出るということもあります。

有機肥料を入れたからというよりは、「入れすぎたから」といったほうが的確でしょうか。

有機肥料は化学肥料に比べ、効果が表れるまでに時間がかかります。

即効性の化学肥料のように効くと思っていたらなかなか効き目が表れず、肥料が足りないと勘違いして入れすぎてしまうことがあったようです。

肥料過多により植物体は大きく育ちすぎ、濃い色になったり、味が変わってしまったり、という症状が出ます。

これは有機栽培が広まりつつあった頃の話なので、現在では有機栽培の知識も広まり、あまりこのようなことは無いようです。

ですが、有機肥料も入れすぎだと害になることがあるんですね。

 

農薬、化学肥料を使っても安全で美味しい野菜には変わりない

以上のことから、農薬や化学肥料を使ったからといって安全面に影響があるわけではないと理解していただけたかと思います。

むしろ農薬や化学肥料を使うことで、害虫による被害が減ったり、植物の成長を助けて品質の良い野菜がを作れたりします。

トマトを作っている私自身、有機栽培よりも決められた量の農薬や肥料を使った方が安全で美味しい野菜栽培だと思っています。

なぜ有機野菜が安全で美味しいと言われ、高値で販売されるのか

これはもうイメージによる付加価値でしょう。

例えば、国産の野菜と輸入した野菜とではどちらが安全で美味しいと思いますか?

ほとんどの人は国産を好んで食べると思います。

しかし、海外で作られた野菜だからと言って安全ではなかったり味が悪いなんてことはただのイメージによるものなんですよね。

これと同じように、なんとなく農薬や肥料を使っていない方が安全な気がして高くても買う人がいるのです。

それが悪いとは思いません。
立派な販売戦略でしょう。

ただ我々農家は、農薬や肥料の使用量を守り、安全で美味しい野菜を作ろうと必死です。

スーパーに並んでいる野菜は安心して食べられるものばかりです。
有機野菜の登場でこれらの野菜のイメージが悪くならないことを願います。

 

-野菜の豆知識

Copyright© もこっとおにぎり🍙 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.