トマトの育て方

家庭菜園でトマトを育てるのに適した時期は?苗は必ず春に植えよう!

家庭菜園でトマトを育てるのに適した時期はいつか知っていますか?

トマトといったら【夏】のイメージがあるかと思います。

しかし、夏の8月、9月に植えるとあまり収穫できずに終わってしまうのです。

この記事では次のことが書かれており、できるだけ長く収穫できる植え付け時期がわかるようになります。

記事の内容

  • 家庭菜園でトマトを育てる際のおすすめ時期
  • 苗を植える時期
  • トマトの収穫が始まる次期
  • いつまで収穫することができるか

トマトを育てる時期を間違えないために、この記事を参考にしてみてください。

家庭菜園でトマトを育てるなら春から秋にかけてがおすすめ

家庭菜園でトマトを育てる場合は、暖かくなってきた春に植えて気温が低くなってくる秋には片付けるのが一般的です。

トマトは赤くなるためにある程度の気温を必要とします。

雪が降らない地域でも、気温が低くなると果実が赤くならなくなるので、秋までの栽培がおすすめです。

冬に収穫するトマト農家も多くありますが、家庭菜園では難しい理由があります。

冬の栽培は暖房が必要

冬はトマトが成長したり、果実を赤くしたりするのに必要なだけの気温がありません。

そのため、冬のトマト農家さん達はハウス内で暖房を焚いてトマトを育てています。

家庭菜園ではそのような施設を準備することができず、暖房費もかかるので、冬に外でトマトを育てることはできないと思ったほうがいいです。

冬は室内でなら育てることは可能

室内を暖かくしておけば冬でもプランターで育てることは可能です。

トマトは生育するために20度以上の気温が必要で、夜間も10度以下にしないように注意しなければなりません。

そして、トマトは日光を多く必要とする野菜なので、必ず日の当たる窓際などに置きます。

これらのことを考えると、室内での栽培も難しく、夏に外で育てるのが家庭菜園には適していると言えるでしょう

トマトの苗を植える時期

夜が冷えなくなる5月~6月が植え時

トマトはまだ小さな苗の時は寒さと暑さに弱いので、地域によっても変わりますが、5月~6月に植えるのが一般的です。

植えるのが早すぎると寒さに耐えられず、遅すぎると根が張っていないうちに暑くなり、暑い夏を乗り越えるための水を吸い上げることができません。

最低気温が10度を下回らないようになったら植えるのが良いです。

初めてのトマト栽培は苗を買うのがおすすめ

トマトは種を蒔くことから始めなくても、シーズンになると苗が売られます。

ホームセンターなどに必ずと言っていいほどトマトの苗が並んでいます。

種を蒔いても良いですが管理が難しいので、初めて育てる方は苗を買ったほうが失敗がなく安心です。

また、【接ぎ木苗】という病気に耐性のある苗も売られているので、自分で種を蒔くよりも病気に強いトマトを育てられます。

トマトが収穫できるようになる時期

収穫までの日数は気温(積算温度)で決まる

トマトが収穫できるまでの日数は、積算温度で決まります。

積算温度とは

1日の平均気温を足していった値を積算温度と言います。

例えば、平均気温が20度の月では、20度 × 30日 = 600度

600度が積算温度となります。

苗を植えてから1ヵ月以上は収穫できない

トマトの花が咲いてから収穫できるまでに必要な積算温度は、大玉トマトで900度ミニトマトで800度と言われています。

苗を植えた5、6月ではまだ夏ほど気温が高くなく、収穫するまで最低でも40日ほどはかかってしまいます。

収穫できるのは7月頃になるので、緑色の実が付いてからなかなか収穫できなくても焦らず待ってみましょう。

いつまで収穫できるのか

トマトは次々と新しい花が咲くので、いつまで収穫できるかは特に決まっていません

ですが、冬の寒さには決して強くなく、10度を下回るような日が続くと成長が遅くなり、果実も赤くならなくなります。

霜が降りるような寒さになると、完全に成長が止まり、葉も枯れたようになってしまいます。

気温が低くなる11月が収穫終了の適期

明確にいつまで収穫できるかは言い切ることができませんが、気温が急に低くなってくる11月頃までを収穫期と考えると良いでしょう。

高冷地では11月になると霜が降りることもあります。

霜が降りるとシーズンの終わりを告げているようなものなので、遅くても霜が降りたら片付け始めるようにしましょう。

収穫終了後の片付けは時間がかかるので、余裕をもって早めに片付けるのも手ですね。

寒くなってからの片付けは人間にとっても辛くて大変です。

植え付け時期を正しく夏に多収を目指そう

最後に、記事の内容を次のようにまとめてみます。

記事のまとめ

  • 初めてのトマト栽培は種からではなく苗を購入する
  • 春の暖かくなってきた5月~6月に苗を植える
  • 収穫時期は7月~11月

家庭菜園でトマトを育てるなら、春から秋にかけて栽培するのを基本にしましょう。

冬の間にトマトが食べたくなったら、トマト農家さんが冬も休まず育ててくれているので購入して食べましょう。

冬はプロの育てるトマトに近付けるため、来年の春に向けて準備をしたり、育て方の勉強をしたりしてみてください。

-トマトの育て方

Copyright© もこっとおにぎり🍙 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.